売る

親から相続した不動産を売却した時の特例

この記事を書いた人
吉澤大・税理士吉澤大・税理士
著書「2時間で丸わかり不動産の税金の基礎を学ぶ(かんき出版)他多数。

親の実家を相続により取得したとしても、そのまま遺族が住むのではなく、売却をしてそのお金を遺産分割で分けたり、相続税の納税にあてたりすることも多いもの。

相続税を払うために家を手放したのに、またそこに売却による税金が掛かるのであれば、まさに「泣きっ面に蜂」です。

そのため、親から相続した不動産を売却した利益(譲渡所得)についての税金には特別な定めがあるのです。

そこで、このページでは…


・そもそも不動産を売ったときの税金はどのように計算するのか?
・親から相続した不動産はいつ取得したものとなるのか?
・取得したときの原価がわからないときにはどうすればよいのか?
・親から相続した不動産を譲渡したときにどんな特例があるのか?


などなど、親から相続した不動産を売却する前に知っておかないと損してしまう税金の特例をくわしく説明いたします。

ちなみに、
「不動産の相続税」は、すべての人が払うわけではありません。どのような場合に払うのか、いくら払うことになるのかを知りたい方は以下のページをお読みください。

➡ 続きを読む

不動産を売却すると税金がいくら掛かるのか?

この記事を書いた人
吉澤大・税理士吉澤大・税理士
著書「2時間で丸わかり不動産の税金の基礎を学ぶ(かんき出版)他多数。

不動産を売るということは一生のうちに何度もないことです。そのため、どれだけ税金が掛かるのかを知っている人は意外と少ないのが現状です。

そこで今回は、不動産を売った時の利益に関係する税金の計算方法について、


「どんな利益」に税金がかかるのか
「売却額」と「儲け額」の違い。「譲渡所得」の算出法
・その他、見落としてはいけない点はどこか?
最も簡単な税金の算出方法は何か?


などなど、わずか1秒でわかる「不動産売買の税金シミュレーター」を紹介しながらくわしく説明いたします。

➡ 続きを読む

PAGE TOP