売る

マンション査定に影響する7つのポイントを押さえ、高値で不動産売却!

この記事を書いた人
高橋 正典・不動産コンサルタント高橋 正典・不動産コンサルタント
著書『プロだけが知っている!中古住宅の魅せ方・売り方』(朝日新聞出版)他多数。

「うちのマンションって、いくらくらいで売れるんだろう」
「購入時からどのくらい値段が変わっているのかな?」
マンションを売りたいと思ったときに、真っ先に気になるのが売却価格でしょう。
売却価格は、さまざまな要素が組み合わさって決まります。
その不動産の今の価値を調べ、おおよその値段を出してみることを「査定」といいます。

今回は、マンションの売却の入口ともいえる査定について紹介します。


  • 査定額と売却額の違い
  • マンションの査定額を左右するポイント
  • 査定のスムーズな受け方
  • 一括査定サイト、無料査定サイトの注意点
  • 査定でわかる不動産会社の良し悪し

などについてご紹介します!

➡ 続きを読む

【マンション売却のコツ7ヵ条】プロが教える分譲マンションを高く売る秘策とは?

この記事を書いた人
高橋 正典・不動産コンサルタント高橋 正典・不動産コンサルタント
著書『プロだけが知っている!中古住宅の魅せ方・売り方』(朝日新聞出版)他多数。

「マンションを売りたい」と思ったときに、何から手を付けたらいいか、不安になります。
できれば少しでも高値で売却し、新しい生活のための資金にしたいものです。
希望通りの売却を叶え、新生活を始めるためには、最近の売却動向を押さえ、手順を踏むことが大切です。

そこでマンションの売却を成功させるために……


  • 2017年の最新マンション売却市場の動向
  • マンションを高く売るためのポイント7ヵ条
  • マンション売却で損しないための不動産会社の選び方
  • マンションを高く売るために知っておきたい2つのキーワード
    「インスペクション」「ステージング」
  • 不動産会社が決して言わないマンションの「本当の売り時」
  • 周りに知られずに早く売りたい人向けの最終手段「買取
  • マンション売却の流れと必要なお金

これまで私が関わってきた実際の取引事例を紹介しながらくわしく説明いたします。

➡ 続きを読む

高値で家を売るには準備が9割! 1ヵ月以内に売り切る不動産売却戦略の立て方

この記事を書いた人
畑中 学・不動産コンサルタント畑中 学・不動産コンサルタント
著書『2時間で丸わかり 不動産の基本を学ぶ』(かんき出版)他多数。
戸建てを売ってお金に替えたい、新居の資金にしたい……。
家を売るには、不動産会社(不動産仲介会社)に任せるしかない、と思っていませんか?
実は、売る側である売主がやっておいたほうがいいこと、高値売却につながることがいろいろあります。
不動産会社とのやりとりがスタートする前の事前準備こそ売却の明暗をわけるのです。

そこで今回は、戸建ての売却を成功させるために……


  • ・家の売却を成功させるための3原則
  • 不動産会社に駆け込む前にしておくべきこと
  • 査定のつけ方から不動産会社を選ぶ方法
  • 初対面で不動産会社の担当者を見極める5つの質問
  • ・早く売るための不動産会社との契約方法
  • ・高値で1ヵ月で売却するための販売戦略の立て方
  • ・契約に結びつけるための内覧テクニック
  • 信頼できる買主の選び方

など、これまで私が関わってきた実際の取引事例を紹介しながらくわしく説明いたします。

➡ 続きを読む

これを知らないと損をする!自宅売却時の税金の優遇措置と買い換え特例について【徹底解説】

この記事を書いた人
吉澤大・税理士吉澤大・税理士
著書「2時間で丸わかり不動産の税金の基礎を学ぶ(かんき出版)他多数。

不動産を売却し利益が出ると、譲渡所得税と住民税が課税されます。

しかし、マイホームを売却するというのは、どうしてもお金が必要なためであるということが多いもの。たとえば、新たなマイホームの買い換え資金が必要だったり、住宅ローンの残債の支払いがあったりと。

そのため、(一定の条件を満たしていれば)マイホームを売った時については、他の不動産を売った時よりも税金上有利な取り扱いがされているのです。
c今回は、マイホームを売った時の税金の優遇措置について


  • どんな時、どんな条件だと優遇措置が受けられるのか?
  • 他の優遇措置とダブルで適用できるのか?
  • 具体的にどのように税金が優遇されるのか?

などなど、マイホームを売却する前に知っておかないと損してしまう特例についてくわしく説明いたします。

➡ 続きを読む

不動産を売却したら消費税は支払わなくてはいけないの?

この記事を書いた人
吉澤大・税理士吉澤大・税理士
著書「2時間で丸わかり不動産の税金の基礎を学ぶ(かんき出版)他多数。

消費税の8%から10%への増税が再度延期されました。売買金額の大きい不動産取引についてはその影響が大きいといえます。

さて、マンションや一戸建てなどを購入する場合、物件の購入価格に加えて消費税の支払いをする必要があります。

では、その不動産を売った時の消費税はどうなるのでしょうか?

そこで、このページでは…


・そもそも消費税の課税の仕組みはどうなっているのか?
・不動産を売ったのが個人と法人ではどう違うの?
・売った不動産がマイホームと賃貸用ではどう違うの?
・不動産を売っても消費税を支払わなくてもよい場合とは?
・不動産を売る時の諸経費の消費税は?


などなど、不動産売買の消費税についてくわしく説明いたします。

なお、親から相続した不動産を売却した場合には特例事項がいくつかあります。そのような場合は以下のページもよくお読みください。↓

➡ 続きを読む

親から相続した不動産を売却した時の特例

この記事を書いた人
吉澤大・税理士吉澤大・税理士
著書「2時間で丸わかり不動産の税金の基礎を学ぶ(かんき出版)他多数。

親の実家を相続により取得したとしても、そのまま遺族が住むのではなく、売却をしてそのお金を遺産分割で分けたり、相続税の納税にあてたりすることも多いもの。

相続税を払うために家を手放したのに、またそこに売却による税金が掛かるのであれば、まさに「泣きっ面に蜂」です。

そのため、親から相続した不動産を売却した利益(譲渡所得)についての税金には特別な定めがあるのです。

そこで、このページでは…


・そもそも不動産を売ったときの税金はどのように計算するのか?
・親から相続した不動産はいつ取得したものとなるのか?
・取得したときの原価がわからないときにはどうすればよいのか?
・親から相続した不動産を譲渡したときにどんな特例があるのか?


などなど、親から相続した不動産を売却する前に知っておかないと損してしまう税金の特例をくわしく説明いたします。

ちなみに、
「不動産の相続税」は、すべての人が払うわけではありません。どのような場合に払うのか、いくら払うことになるのかを知りたい方は以下のページをお読みください。

➡ 続きを読む

不動産を売却すると税金がいくら掛かるのか?

この記事を書いた人
吉澤大・税理士吉澤大・税理士
著書「2時間で丸わかり不動産の税金の基礎を学ぶ(かんき出版)他多数。

不動産を売るということは一生のうちに何度もないことです。そのため、どれだけ税金が掛かるのかを知っている人は意外と少ないのが現状です。

そこで今回は、不動産を売った時の利益に関係する税金の計算方法について、


「どんな利益」に税金がかかるのか
「売却額」と「儲け額」の違い。「譲渡所得」の算出法
・その他、見落としてはいけない点はどこか?
最も簡単な税金の算出方法は何か?


などなど、わずか1秒でわかる「不動産売買の税金シミュレーター」を紹介しながらくわしく説明いたします。

➡ 続きを読む

PAGE TOP